アイストールはオサダ技研株式会社へ。アイストール・既設舗装対応凍結抑制工法/舗装の凍結抑制,凍結スリップ事故対策などに対応

english
  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
アイストール(既設舗装対応凍結抑制工法)
トップページ > 技術情報 > アイストール(既設舗装対応凍結抑制工法)
アイストール(既設舗装対応凍結抑制工法)について
NETIS・国土交通省・登録番号:HR-140010-VR
アイストールとは既設のアスファルト、コンクリート舗装面に施工する凍結抑制工法です。
冬期路面に発生する凍結、積雪路面を弾性骨材の弾性力で凍結抑制し、さらに硬質骨材によりタイヤスリップを抑制することを目的とした安全対策工法です。
凍結抑制効果の発現
低温ホイールトラッキング試験結果トンネル坑口と交差点手前部で施工した現場を積雪時に撮影した写真です。
赤線内がアイストール施工箇所、それ以外の場所は密粒度舗装です。密粒度舗装は路面に雪氷が残っているため白くなっていますが、アイストール施工箇所の車輪走行部分は雪氷が除去され黒くなっています。これによりアイストールの凍結抑制効果を確認することができました。

アイストールはオサダ技研株式会社へ。アイストール・既設舗装対応凍結抑制工法など全てお任せ下さい。
アイストールは橋梁舗装の凍結抑制、凍結対策、凍結スリップ事故対策などに対応

アイストール(既設舗装対応凍結抑制工法)の特徴と耐久性向上の理由
アイストールの特長
アイストールの断面図
  1. 凍結抑制効果が期待できます。
  2. 既設の舗装に対応できます。
  3. すべり止め効果が期待できます。
  4. 一般的なゴムチップを使用するのと比較し耐久性が増します。
アイストールによって耐久性が向上する理由
アイストール骨材断面写真
アイストール骨材とは、無期紛体を廃タイヤチップに特殊コーディングした弾性骨材と、すべり止め効果を付与する目的で硬質骨材を混合したものです。
摩耗試験結果写真
赤い点線内が摩耗輪の通過部分です。
一般なゴムチップでは樹脂の接着力が弱く、早期に剥離します。
現場における耐久性確認

アイストールの断面図

 

除雪作業が行われる幹線道路での施工写真です。

除雪車両のグレーダー、タイヤチェーンに対しても剥がれにくいことを確認しております。


アイストール(既設舗装対応凍結抑制工法) 施工実績写真
下の写真画像は、クリック頂きますと拡大画像が表示されます。

アイストールはオサダ技研株式会社へ。アイストール・既設舗装対応凍結抑制工法など全てお任せ下さい。
アイストールは舗装の凍結抑制,凍結スリップ事故対策などに対応

アイストール(既設舗装対応凍結抑制工法) 凍結抑制効果の確認
氷着引張
試験結果
氷着試験結果
低温ホイール
トラッキング
試験結果
低温ホイールトラッキング試験結果
厚さ数mmの氷板を最初からつくるのではなく、指定した水量を10分ごとに散布して低温ホイールトラッキング試験に供し、次第に氷板を厚くしていくという方法で行いました。
10分ごとにBPN試験を実施し、BPN値が30程度になるまで繰返し走行試験を行いました。

アイストールはオサダ技研株式会社へ。アイストール・既設舗装対応凍結抑制工法など全てお任せ下さい。
アイストールは舗装の凍結抑制,凍結スリップ事故対策などに対応

アイストール(既設舗装対応凍結抑制工法) 施工手順
@下地清掃 STEP:1
施工前
@下地清掃 STEP:2
バインダ撹拌
@下地清掃 STEP:3
バインダ塗布
@下地清掃 STEP:4
アイストール骨材散布
@下地清掃 STEP:5
転圧
@下地清掃 STEP:6
骨材回収
@下地清掃 STEP:7
トップコート塗布
@下地清掃 STEP:8
完成

オサダ技研株式会社/KC工法・PRMS工法・アイストール・目地棒・テンダーゾーン・ルーモラインなど


  • お問い合わせ
  • KC工法
  • PRMS工法
  • アイストール
  • 目地棒
  • テンダーゾーン
  • ルーモライン
  • レジポーラ
  • トレーシングウォール
  • ニュースリリース
  • お問い合わせ
  • オサダ技研株式会社 企業情報
  • オサダ技研株式会社 フェイスブック
sp