レジポーラキットはオサダ技研株式会社へ。レジポーラ・透水型速乾補修材、排水性舗装補修材など全てお任せ下さい。

english
  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
レジポーラ(副題挿入箇所)
トップページ > 技術情報 > レジポーラ(透水型速乾補修材)
レジポーラキット(透水型速乾補修材)について
NETIS・国土交通省・登録番号:KK-100031-A
レジポーラ(副題挿入箇所)レジポーラキットは、舗装業界初の透水型速乾補修材です。

レジポーラキットは、可撓性の大きな速乾型特殊変性ウレタンレジンバインダと、耐摩耗性に優れた硬質セラミック骨材を混合する事により得られるレジンモルタルを敷設する工法です。

透水機能を生かしたまま、既設ポーラスアスファルト舗装の若返り対策、小規模補修などが可能です。

レジポーラキットはオサダ技研株式会社へ。レジポーラ・透水型速乾補修材、排水性舗装補修材などお任せ下さい。

レジポーラキット(透水型速乾補修材)の特徴
迅速施工 使用材料がパック化されていますので、計量手間もなく、また特殊な機材や工具が必要ありませんので迅速に施工が出来ます。
高耐久性 ポーラスアスファルト舗装と比較し、耐摩耗、圧縮強度、動的安定度とも同等以上の耐久性を有します。
速硬化型 レジンバインダの硬化が早いので、施工後1時間以内に交通開放が可能です。
透水性 透水機能がありますので、既設ポーラスアスファルト舗装の機能を維持したまま、補修補強が出来ます。
環境適応性 施工時の気温適応幅が広く、冬期の夜間施工が可能です。

レジポーラキット(透水型速乾補修材) パック内容
@下地清掃

レジポーラキットはオサダ技研株式会社へ。レジポーラ・透水型速乾補修材、排水性舗装補修材などお任せ下さい。


レジポーラキット(透水型速乾補修材) 施工手順
@下地清掃 STEP:1
レジポーラ樹脂液の中に小袋(硬化剤)を投入し、充分に攬絆してください。
Aプライマー塗布 STEP:2
ポリ袋に入ったモルタル用骨材の中に、混合された樹脂液を投入し、袋の□を閉じたうえで、空中で振らずに、路面に置き揉むように、30秒を目安に充分混合してください。
@下地清掃 STEP:3
出来上がったモルタルを施工箇所に移し、木鏝、木製定木にて平滑に均し、金鏝にて不陸のないように均一に締め固めてください。
Aプライマー塗布 施工完了
  • 均し作業から金鏝押さえの時間(可使時間)は、約10分です。
    硬化の早い樹脂モルタルの為、打ち継ぎ部分は10分以内で仕上げてください。
    硬化時間はO°C〜25°Cで約60分です。
  • 作業性が悪い場合はウエスにラッカーシンナーを沁み込ませ、金鏝を拭きながら作業を進めてください。
  • 反応性の樹脂を使用していますので長期の保存には適していません。
    保管期間は概ね3ヶ月以内としてください。
※詳しくは技術資料をご覧の上ご使用ください。

レジポーラキットはオサダ技研株式会社へ。レジポーラ・透水型速乾補修材、排水性舗装補修材などお任せ下さい。


レジポーラキット(透水型速乾補修材)の用途と品質規格
レジポーラキット(透水型速乾補修材)の用途
  • 高速道路・都市高速道路舗装の不等沈下の修正及びジョイント部の段差修正。
  • 基幹道路のポーラスアスファルト舗装の小破・ポットホール補修。
  • 既設舗装の老化防止・低騒音化。
  • 駐車場の骨材飛散・水溜まり防止。
  • 注意喚起目的の段差舗装。
レジポーラキット(透水型速乾補修材)の品質規格
Aプライマー塗布

オサダ技研株式会社/KC工法・PRMS工法・アイストール・目地棒・テンダーゾーン・ルーモラインなど


  • お問い合わせ
  • KC工法
  • PRMS工法
  • アイストール
  • 目地棒
  • テンダーゾーン
  • ルーモライン
  • レジポーラ
  • トレーシングウォール
  • ニュースリリース
  • お問い合わせ
  • オサダ技研株式会社 企業情報
  • オサダ技研株式会社 フェイスブック
sp